空撮サービス株式会社


空撮サービスの特徴

測量機材と連携した非GPS環境下での飛行システム

測量機材と連携した非GPS環境下での飛行システム

高精度なレーザー測量機器(TS:トータルステーション)を使用し、ドローンを測距し続けます。
測距した位置情報をGPS情報へ変換しドローンへ送信することで、従来不可能であった非GPS環境下での安定飛行と航路指定による自動航行を実現しました。
様々な撮影条件に対応するため、独自開発のジンバルを機体に装備しこのシステムを運用しています。

機材・システム開発、
コンサルティング

ドローン活用のためには、用途に応じて様々な課題に対処する必要があります。例えば下図のような架空地線追尾の場合、長い距離のある鉄塔間を地線のたるみに沿って正確に飛行撮影する必要があります。当社ではLiDARやコンパニオンコンピュータを使って、地線と正確な離隔を持って自動で点検撮影する機体システムを開発することで、実用レベルの点検画像を撮影することに成功しました。システム開発だけでなく、導入に向けた飛行実験まで自らサポートすることでお客様の課題解決に貢献いたします。

 

質の高い写真、
動画の撮影と編集

一眼カメラ搭載機による2人オペレーションでベストなアングルから質の高い写真、動画の撮影が可能です。また、撮影した写真のパノラマ合成や動画のキリバリ、テロップや音楽の挿入などの編集も可能です。弊社は人口密集地や物件への近接、夜間の撮影に関する国からの包括許可を受けております。

オリジナルジンバル製作

お客様の様々な依頼に対応するために、撮影条件に合わせたカメラを搭載できるジンバルが必要でした。
そこで当社は、CNCマシンや3Dプリンタを導入し、オリジナルジンバルをはじめとした様々な機体装備を設計製作しています。材料の選定や製作まで全て自社で行うことで、必要な装備を素早く製作することが可能です。

3次元データの計測

弊社ではドローンに搭載したカメラを使った写真測量だけでなく、ドローンにレーザー測量装置を搭載することで、樹木の生える山林や写真測量では難しい建造物の測量にも対応可能です。国の推進するi-Constructionだけでなく、各種設備の3次元測量などもご相談ください。

ドローン専用画像無線の装備と運用

ドローン専用画像無線の装備と運用

無線エキスパートによる機体装備設計のほか、ドローン専用の5.7GHz画像無線取り扱い資格者による機体システムの運用支援も可能です。

お問い合わせ

お見積りから、撮影のご相談など、
お気軽にお問い合わせ下さい。

空撮サービス株式会社
東京都港区高輪2-16-53 伊皿子二番館4階

電話番号:03-3444-4040

info@0photo.co.jp