空撮サービス株式会社


価格

facebook

トータルステーションを用いた 非GPS環境下における自動飛行システムを開発

2018年11月02日

■GPSが途絶する環境でも可能にした飛行システム
ドローンを使った新サービスを開発する空撮サービス株式会社は非GPS環境下におけるドローンの画期的な自動飛行システムを開発しました。
従来のドローンはGPS電波の届かない環境での自動飛行は不可能でした。そこで当社は、測量用の高精度なレーザ測量機器(TS:トータルステーション)を使用し、測量したドローンの位置をGPSの位置情報の代わりにドローンに送信するシステムを開発しました。これによりGPS電波の届かない環境においても安定した位置制御が可能になり、今まで不可能であったWP(ウェイポイント)による自動飛行も実現しました。

■特長
1)非GPS環境下における自動飛行
事前にWP(ウェイポイント)作成ソフトでWPを設定することで、橋梁下や室内などの非GPS環境下においてもGPS環境下と変わらない飛行が可能
2)環境に影響されない安定飛行
非GPS環境下での高度10M以上の室内飛行や水面上の飛行など他社ならば制限されてしまう環境下でも安定した操縦が可能、下の写真はTSからのレーザ光を下部のプリズムで受けているところを示しています。

プリズム発光_編集

■応用事例
日本のインフラ劣化が進む中で高速道路や鉄道などの橋梁下の点検への需要が高まっています。本システムにより、GPS電波の無い橋梁下や室内でも点検を実施することが出来るようになります。
当社は株式会社関電工様が実施された「平成30年度 技術・技能競技大会」において、屋内での精密自動飛行デモを行い、大変好評をいただきました。

TSと機体と橋梁_縮小版

 

橋梁下におけるWP自動飛行動画



■システム概要
測量用プリズムをドローンの下部に装着します。このプリズムを自動追尾するTSにより精密なドローンの位置が自社開発のパソコンソフトに送られ緯度経度情報に変換します。この位置情報が機体に送られ、同じく自社開発の飛行制御プログラムにより安定して飛行します。

■お問い合わせ
あきらめていた橋梁や屋内での点検飛行など、お気軽にご相談ください。搭載するカメラやジンバル、など特殊なご要望に合わせた機体や機材の選定、飛行ソフトのカスタマイズまでご要望にお応えいたします。
お気軽に下記までお問い合わせください。

空撮サービス株式会社
営業部 高木 実
東京都港区高輪2-16-53 伊皿子二番館4F
TEL  03-3444-4040
MAIL takagi@0photo.co.jp

国際ドローン展の開催日が迫ってきました。

2018年04月16日

国際ドローン展の開催がいよいよ明後日に迫ってきました。
スタッフ一同、準備に追われています。
目玉は、世界初となる電線と常に一定の距離を置いて飛行し4K動画で撮影する技術。
サンプル映像をビデオでご覧になれます。
それ以外に望遠レンズ搭載のフルサイズ一眼カメラ(Sony α7RⅢ)対応のジンバル、フレームから自社で設計製作しました。独自に振動テストして選定した、ジェルダンパーによりドローンに搭載した空撮動画でもブレやゆがみの無いきれいな映像を撮影することができます。
この望遠レンズにはフォーカスリモコンも付いており、電線や鉄塔など焦点の合いにくい被写体にも、地上から操作してぴったりと合わせる事ができます。
このジンバルとカメラは実際に送信機で操作して体験できるようにしています。
このジンバルを搭載した機体も展示されていますので、参考にして下さい。
日本初のインテリジェントバッテリー、マクセルの5.2Ahバッテリーは発火対策も施されてお入り、世界的にも最新の製品です。このバッテリーは2個以上並列で接続されることが多いのですが、そのまま並列で接続されると幾つかの問題が発生することもあります。当社は独自に並列回路を開発し落ちても発火しない、残容量が読み取れる安全な電源システムを作りました。
そのほかに、撮影から開発まで様々なご要望に応えるべく準備しております。
「国際ドローン展」ご来場の折は是非ブース番号:7A-09までお立ち寄り下さい。

4月18日~20日開催の国際ドローン展に出展

2018年03月20日

4月18日から幕張メッセで行われる国際ドローン展に出展いたします。

当社はドローンによる空撮を手がけるだけでなく、関連企業に組み込みソフトウェア開発のフォーディーネットワークスがありドローンのファームウェアやセンサー関連のハード・ソフト・メカが開発が可能な日本では数少ない会社です。

お客様の要望に添ってドローンの飛行を様々にカスタマイズする事ができます。ドローンは大きな可能性を秘めていますが、実際に実用化しようとすると、実に多くの技術開発が必要となってきます。当社は自社で空撮の飛行経験を積みながらその経験を開発に活かしてきたユニークな会社です。幾つかの目玉となる展示を少しだけご紹介します。

ここ数年、手がけてきた送電線のLIDARによる追尾飛行専用機体は実用化の段階に至りました。送電線の上空で一定の高度を保ちながら飛行しつつ、高解像度の望遠カメラで送電線を撮影し細かい損傷までも鮮明に記録します。この機体が送電線の点検業務の姿を大きく変えて行きます。

またドローン用ではあまりなかった高倍率望遠レンズ搭載カメラ用のジンバルも自社開発いたしました。このジンバルは様々なダンパーを実験して厳選した絶妙なダンパーと相まって、ドローンで撮影しているとは思えない抜群の安定性を実現しています。このジンバルは地上からのズーム操作に加えフォーカスも地上から操作できることから、電線などオートフォーカスでは難しかった被写体も撮影可能です。

マクセルのインテリジェントバッテリーも搭載しました、安全に複数のバッテリーを並列接続する事ができます。ファームウェアも開発しバッテリーの残容量を正確に把握することが可能になり、安全な飛行に貢献します。

そのほか、ドローン業界を革新する先端技術が一杯です。

是非、国際ドローン展 ブース番号:7A-09 にご来場をお願いいたします。

事前登録はこちらへ

International Drone Expo 2018

マクセルバッテリ並列アダプタ基板サンプル提供

2018年03月08日

マクセル様のインテリジェントバッテリを安全に2個並列使用できるアダプタ基板を開発しました。詳細は下記の仕様書を参照下さい。

Maxellバッテリ並列アダプタ仕様書

テストされる方向けにサンプル基板の無償配布を開始します。

数に限りがありますので、下記までお早めにお申し込み下さい。

info@0photo.co.jp

なを本アダプタ基板は”Japan Drone 2018″のマクセルブースにて展示いたします。ご興味ある方は是非ご来場下さい。展示会招待券もありますのでお問い合わせ下さい。

 

クラウドバックアップのAOS様で事例紹介いただきました。

2018年03月01日

クラウドバックアップ No1、AOSBOX様の事例紹介サイトで当社の事例が紹介されました。

http://www.aosbox.com/business-case/case180228/

当社はお客様の高精細な画像や動画を扱うことが多く、二度と撮影できない貴重な映像も多数あります。この様なデータが失われると、取り返しの付かない状況になりお客様に迷惑をお掛けします。また震災等の災害によって社内サーバが壊滅することも考えられます。

そこで常日頃バックアップの重要性は痛感しております。AOSBOXを採用してからバックアップは自動的に行われており安心です。

AOS様のサービスはバックアップだけで無くネットを通じたお客様への納品についても、データ共有機能により大容量のデータを安全にお送りする事ができています。

2 / 512345

お問い合わせ

お見積りから、撮影のご相談など、
お気軽にお問い合わせ下さい。

空撮サービス株式会社
東京都港区高輪2-16-53 伊皿子二番館4階

電話番号:03-3444-4040
携帯番号:080-3737-3323

info@0photo.co.jp